其の1 「麺」へのこだわり

安曇野産の玄そばを100%使用

昼夜の寒暖差が激しく、
そば栽培の環境に適している「信州安曇野」。
そんな自然豊かな環境に囲まれた「そばの郷」の裏庭で、
私たちは自分たちの手で「循環型農業」という手法を用いてそばを自家栽培。
さらに自社製粉工場にて製粉し、
「そばの郷」店内にて安曇野産玄そば100%の手打ちそばをお召し上がりいただいております。

其の2 「水」へのこだわり

150メートルの地下水を使用

長野県は水が美しいことで有名です。
特に安曇野の水の美しさは全国的にも別格で、
昭和60年の環境省選定「名水百選」では、
安曇野市豊科・穂高の「安曇野わさび田湧水群」が認定されたりしています。
美味しいそばを「打つ・茹でる・締める」には、美しい水が欠かせません。
ですから、私たちは安曇野の水にこだわり、
150メートルの地下水を使用しています。

其の3 「そば打ち」へのこだわり

手打ちそば
(一本棒・丸延し)

信州では古くから「一本棒・丸延し」の打ち方でそばを打ってきました。
しかし、昨今ではその技術も失われつつあります。
そんな中、信州・小布施で弟子入りし、厳しい修行の末、
そば打ち職人・田中慎太郎は「一本棒・丸延し」を体得しました。
一本棒・丸延しで作るそばは、機械打ちはもちろん、
普通の手打ちよりそばにストレスがかからず、より風味豊かなそばに仕上がります。
ぜひ、伝統の技で打つ安曇野産の玄そば100%のそばをご堪能ください。

*職人により、一本棒・丸延しではない日もございます。

其の4 「おもてなし」へのこだわり

そばには信州の漬物付き

信州には、四季折々に美味しい漬物がいくつもあり、
すべて信州の風土で育まれた絶品です。
おそばを注文の皆様に、自慢の漬物もサービスさせていただいております。
ぜひ「そばの郷」へお越しの際には、
信州の季節が楽しめる漬物もお楽しみください。